2015年04月16日

置かれた場所で幸福でいる

汝は幸福である、この小さき石よ

道ばたに静かに横たわりて

哲人の如くにものを考う。

という詩があります。私たちは小さき石よりも偉大なるものです。この小さき石ころは、どうして幸福なのでしょうか?

それはそのままそこに与えられた生命を愉しんでいるからです。そのままうけて愉しむものは常に幸福なのです。

そのままそこに横たわるということは、何もしないで生活しているということではありません。
与えられるそのままに横たわり、神催しのままに動くという意味です。

つまり、今いる環境、置かれた立場を受け入れ、他と比べたり、過去の自分と比べたりしないで流れに任せて自分のはからいがないのです。何とも比較しないので苦悩や悲しみが生じません。

自分の今与えられた位置をたのしんで(受け入れて)、そのままそこに全能力を発揮する時、私たちは幸福になれるのです。

特定の日、特定の時間、特定の境遇によって幸福が来るのではありません。

境遇を支配する力は私たち自身の内にあるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック