2015年02月19日

永遠とは・人生とは?・・・実のところ、人生に目的はありません

宇宙では現象は今までもずっと起こり続けてきたし、これからも起きつづけていきます。それは決してやむことのない、大いなる命の現れです。

それは永遠です。

永遠というのは、「永遠に続く」とういう意味ではありません。「続く」という言葉は、すでに時間に囚われています。「永遠に続く」と言うと、ものすごく長い時間を想像しますが、「永遠」は時間の中には存在しません。

というより、実際には時間が存在しないのであって、常にいま、永遠だけが存在しています。

永遠ということはどういうことでしょう。

永遠であるということは目的がないということです。目的とは一時的なもののためにあります。永遠において、目的など意味をなしません。成就しなければいけないことが何一つない、それが「永遠」です。

そして私たちの存在も、肉体は死にますが、魂は永遠です。私たちは、時間を超えて「いまここ」にありつづける永遠の存在であり、大いなる命そのものです。

永遠であるがゆえに、私たちの存在にも目的などないのです。

私たちはどこにも向かっていません。常に「いま」の中で、様々な形で表現されているだけです。

しかし私たちの自我(エゴ)は、目的を必要とします。

どこかに向かっている、いまよりも素晴らしい何かになろうとしているという感覚が、自我の栄養となっています。そしてそこに深刻さが生まれます。どこかに向かっているとしたら、その道を外れないようにしなければならないからです。

何かを達成しなくてはいけない。

何かを手に入れなければいけない。

立派な人にならなければいけない。

目的志向の自我・・・これこそが私たちを緊張させ、悩み苦しみを作り出している原因です。

ひとたび、自分の存在には目的などなく、どこにも向かっていないと理解できれば、「いまここ」を楽しむことしか残っていません。

人生は生きなければならない義務ではなく、与えられた遊びの場になります。遊びには目的はありません。遊ぶというそのこと自体がすでに結果なのです。

そういう訳で、私たちの存在は、まさに遊戯そのものなのです。それを「リーラ」といいます。

この感覚をひとたび理解すれば、人生感は根底から覆ります。

私たちはどこにも向かっていません。最初からゴールにたどり着いているのです。だから安心して下さい。さあ、大きく息を吸って、いまここを生きましょう。

それでいいのです。それだけのことです。「いまここ」にくつろいでいましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック