2015年02月17日

思い込みから離れる

世の中、「かくかく、しかじかあるべきだ」 という思い込みをたくさん持てば持つほど、不自由になります。

たとえば、「家族は私に優しくあるべきだ」 「上司は私の立場を理解しているはずだ」 「私は、当然感謝されるべきだ」等など。

思い込みが多いと、事実がそれにそぐわない時、苦しみ、悩みも多くなります。

「優しくしてくれることにこしたことはない」 「理解してくれたら、儲けもの」 「感謝されたら、ありがたい」くらいに考えておくと、心が自由になります。

それは結局、思い込みというのは、一見、自己主張が強いようで、実は、その実現において多分に、他人に依存する部分が多いからでしょう。

世の中は決して自分の思い通りになるものではありません。いつまでもそのことなり、人にこだわっているよりも、それから自分を解放することの方が、精神衛生上、どれほど良いかわかりません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック