2015年02月12日

愛を込めて生きる

その時、その時の自分の生活に、愛を込めて生きましょう。

時間に愛を込め、心に愛を抱いて生きていさえすれば、住むところ、境遇、仕事の性質、立場等が変わっても、それらを越えて、「自分らしく」生きてゆくことができます。

努力と祈り、謙虚で柔軟な心があれば、不可能なことはありません。

「愛がなければ、どんな偉大なことを行ったとしても無にひとしい」と聖書にあります。これは裏返してみれば、「どんなに小さなことにも愛を込めるなら、それは尊いものになる」
ということです。

他を見てうらやむことなく、置かれたところで自分らしく咲いていきましょう。

「今」という時を大切に、心を込めて生きていきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック