2015年01月16日

幸福は与えられるものではなく、見い出すもの

人は他人の幸せには敏感ですが、自分の幸せにはなかなか気づきません。どうも人は、幸せを自分の内に求めるよりも自分の外に求める傾向が強いようです。自分の今の幸せを認識せず、他人の幸せばかり目を向けてしまいがちです。

たとえば、働けることは幸せなことです。しかし、そのことに幸せを感じている人は多くはありません。当たり前と捉えて、何ら疑問を感じないのです。

しかし、そういう人も、一度病気で働けなくなったり会社がつぶれて失業してしまったりすると、働ける幸せを思い知らされるのです。

今ある幸せを感謝できなければ、永久に幸せを感じることはできません。幸せを見ようともしないで、不満を並べたり不足を訴えようとしても、今ある幸せを失うだけです。今ある幸せに感謝して生きてこそ新しい意欲が湧いてくるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック