2014年12月18日

「思い」をもたなければ、思い通りになります

人は自分の周りの状況や人間をいつも思い通りに変えようとして、それがうまくいかず、自分の思いどおりにならないことで悩み、苦しんでいます。

人間関係の中で、相手が何か自分の価値観では認められないことをしたとしても、この人をどうにかしようと思うのではなくて、ただ丸ごとそれを認めると楽になります。この人をどうにかしようと思うから苦しくなり、思いどおりにならないのです。

その都度、「ああ、そういう人なんだ」と思ってしまうと気になりません。
結局、自分の思いをふりまいてふりまいて、相手を変えようとしているうちは何も変わりません。

しかし、それを「受け入れられるような私」を作ってしまえば、問題はどこにもなくなります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック