2014年11月20日

自慢しない

人は嫉妬するものだと心に留めておくと多くの場合に判断を過(あやま)たず、人間関係を損ないません。

もしあなたが誰かに嫉妬心を持つとするなら、その人も同じような気持ちを持っていると考えるのが妥当です。こちらが嫉妬心を持っているのに、周囲の人が持っていないというようなことはありえません。

なんとか嫉妬心を駆り立てないように生きていくことが大切ですが、その最も簡単な方法は自分のこと自分の家族のことを自慢しないということです。

自分の素晴らしいことを知ってもらえば、相手は自分を高く評価して、色々なことがやりやすくなるだろうなどと考えるのはまったく間違いです。むしろ逆なのです。

自慢しないこと、これこそ人間関係の基本といえるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック