2014年06月26日

心や言葉で善い種を蒔きましょう

私たちは、言葉の種や想いの種を播いています。

それは、目に見えない小さな種ですが、だんだん成長して、目に見える形にまで現われてきます。

神様があなたに、悪いものをお与えになるのではありません。あなたの心の花園にあなた自身が蒔いた通りの種類のものが現われて来るのです。

自然は雑草も生やしますが、美しい草花も生やします、でたらめにほっておいたら雑草の方がよけいに生えるでしょう。だから私たちの心の「想い」も何の気なしにほって置いたり、出まかせのことを思ったり喋ったりしているのでは、つまらないことばかり生えてくるでしょう。

だから、言葉に出すことや、心に思うことは出来るだけ善いことばかりを思うようにしなければなりません。

善いことばかり思うことです。健康ばかりを思うことです。繁盛ばかり思うことです。

悪いことや、病気のこと、不景気のことを思ったり、話したりしてはいけません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック