2014年04月15日

自我

プライドとは、言い換えれば「自我」のことです。「自我」とは、「私がここにいる」「私が偉い」という実感のことです。

この「自我」がまわりの人びとに、「妻」「夫」「子供」「部下」と、いろいろな役柄を割りあてて、「そのとおり演じなさい」と求めるのです。そして、相手が自分の期待したパートを演じないと、怒ったりするのです。

自分が監督で、世界は自分の思ったとおりに動いて欲しいと思うのです。しかし、世界というものは、決してその通りに動いてはくれません。

そのことをよくわかっていないと人生は苦しいものになるでしょう。自分以外に思い通りになるものはほとんどないものと認識しましょう。

人を変えようとするのではなく、自分が変わりましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック