2014年03月02日

祈り

変えられるものは、変える勇気を願って生きていきましょう。

しかしながら、変えられないものは、心静かに受け入れて生きてください。

そして、変えられるものと変えられないものを見分ける英知を祈り求めながら生きることが大切なのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック