2014年01月27日

心の平穏を保つ

ものごとの重要性は、自分がそれを重要であると信じるかどうかで決まります。

悩みもまたしかり、何事も深刻ではなく、たいして重要でないと思えば、ほんとうに深刻なことも、重要なこともなくなるということです。

自分の心の弱さに比例して、問題も大きく、抗し難いものになってきます。

心が強ければ問題もとるに足らないことに思えてきます。

こうしたことが、いつまでも心を平穏に保つための秘訣なのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック