2013年11月09日

先ず、いまここで「ハッピーでいる」

人々は、もし自分たちに非本質的なことが操作できれば本質的なことは向こうからやって来ると思っています。

たとえば、人々は充分なお金を稼ぐことができたら自分たちは幸せになれると思っています。

それは違います。

もしあなたが幸せだったら、あなたは裕福でしょう。それは正しい。あなたは豊かでしょう。

もしあなたがハッピーだったら、あなたは豊かでしょう。ハッピーな人はそれ以外ではあり得ません。

彼(彼女)は豪邸に住んでいないかもしれない、が、それでも彼(彼女)は豊かでしょう。
彼はホームレスかもしれない、が、それでも彼は豊かでしょう。

ところが、あなたはまず多くの富を築こうとする、そうしたら、あなたは自分がハッピーになるだろうと思う。しかし。それは、そんなふうに起こったためしがありません。

なぜなら、富は幸福の原因ではあり得ないからです。
幸福のほうがつねに富の原因なのです。

あなたは本質的なことはやって来るだろうと思っている。「まず、非本質的なことを操作しよう。非本質的なことを操作することによって状況づくりをするんだ」

まず、力、地位、富・・・・みんな非本質的なことばかりです。

本質的なことのほうを考えましょう。

ハッピーでいなさい!

いまこの瞬間にも、あなたはハッピーになれる。誰も道を塞いではいない。

もし、いまこの瞬間ハッピーになれないとしたら、あなたは永久にハッピーになれないでしょう。

幸せというのは未来とは何の関係もありません。幸せは「明日」など知らない。なぜなら、幸せはほかの何ものにも依存しないからです。それはただ、ひとつの態度であるにすぎません。

あなたは今のいま、そのままのあなたでハッピーになれます。
ただ全然何の理由もなくハッピーでいようとしてごらんなさい。すると、あなたはビックリするでしょう。あなたは全然何の理由もなくハッピーになれるんです。

なぜなら、幸せはたくさんのことの理由だからです。それは根本原因なのです。

あなたは幸せになれます。試してごらん。あなたは他のやり方は試してきました。今度は、それを根本原因のほうから試してごらんなさい。

まず、原因を持ちなさい。

「ハッピーでいる」のです。そうすれば、結果はひとりでに後へ続くでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック