2013年10月13日

絶対積極の心を持つこと

人間が一生を通して運命的にも健康的にも、生きがいのある人生に生きたければ、何をおいても一番の先決問題は、心の態度を絶対的な積極にするということです。

たとえば、身体を悪くした、病気になった。その健康を回復しようとするような場合でも、薬を飲むとか、食養生をするとか、あるいは運動をやるとか、あるいはその他の健康法をやるとかいうようなことだけやっていれば、健康を回復すると思ってる人がほとんどです。

しかし、仮に、いい薬を飲んだ、理想的な食養生をした、また、本当に身体のためにいいよというような方法をやってみても、心が積極的になってない場合には、その効果がどれほど減殺されるかわかりません。

ところで、心が絶対的な積極になっている状態というのはどういう状態かというと、心がその対象なり相手というものに、けっしてとらわれない状態、これが絶対的な気持ちといいます。

何ものにもとらわれていない、心に雑念とか妄念とか、あるいは感情的ないろいろの恐れとか、そういったものが一切ない状態です。

けっして張りあおうとか、対抗しようとか、打ち負かそうとか、負けまいといったような、そういう気持ちでない、もう一段高いところにある気持ち、境地、これが(絶対的な)積極という心の状態です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック