2013年07月11日

あなたが公式を創っている

多くの人が、「社会意識」「一般常識」というような、周波数的には有限の低次の波動の考え方につかまっています。

社会意識は制限だらけで、「こうあるべき、この方がいい、このほうが安全、このほうが正しい、こうでなくてはいけない」というように非常に不自由です。

たとえば、「楽しく遊んでいるだけでは、人間は食べてはいけない」というような有限的な考え(つまり社会意識)、そこにつかまっていると、その狭い範囲だけの現実しか自分に許可できなくなります。

社会意識というものは、「これを守らないと、とんでもない目にあうぞ」という脅しのプログラムです。ものすごく制限され、限定され、恐怖と不安に裏打ちされている思考なのです。

あなたに生きる喜びや希望を感じさせないような窮屈なものです。そういう制限された思考の波動にあなたがリンクするとき、あなたの人生も制限だらけのつまらないものとして創造されていくのです。

私たちは社会意識によって、データ化されたり、プログラミングされているという事実を知っておいてください。

一般社会常識は、狭い範囲の固定観念です。一般常識こそ、疑ってみてください。

「遊んで暮らす」

こういう表現を聞いたときのあなたのイネージは限定的になっていませんか?
「遊んで暮らす」は「いっさいの仕事をしない」という公式になっているのではありませんか?
「仕事=辛いもの」という公式になっていませんか?
「給料が少ない=うれしくない、みじめ」という公式になっていませんか?
「結婚していない=人生負け組」という公式になっていませんか?
「今、病気を患っている=不幸」という公式になっていませんか?
「ロマンティックなパートナーがいない=自分の人生は不完全」という公式になっていませんか?

もともと宇宙には何も決まった公式はありません。あなたが「公式」を創っているのです。

実は、「遊んで暮らす」は、遊びが仕事になり、仕事が遊びになることです。
どうぞ、あなたの公式を自由で楽しいものに創り変えて、それをあなたの常識にしていってください。

社会意識が悪いと言っているのではありません。それに従うかぎり、あなたが想像をすることも、直感を受け取ることも、奇跡ともいえる体験ができることもほとんどなくしてしまうのです。

あなたは、想像という高次の波動で奇跡をたくさん起こしたいですか?
それとも、社会常識という低次の波動で、今までと似たような古いできごとを繰り返すだけでいいですか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック