2013年02月23日

相手の欠点を責めない

誰でも、弱いところと強いところがあります。ところが、人の欠点を責めはじめると、自分の弱いところを隠そうとします。

自分が人の弱点を責める性格だから、「自分も誰かに責められるんじゃないか」と心配になります。

相手の欠点を責めなければいいんです。お互いが弱い部分を欠点と見るんじゃなくて、「自分があの人の役に立てる部分はここなんだ」というとらえ方をしていけばいいんです。

どんなに時代が進んでも、できないことはできない。だから、自分ができないことはやらない。

それが得意な人がやればいいんです。人間っていうのは、自分の不得手なことをやってうまくいくことはありません。苦手なんだから。苦手なことをやってもうまくはいきません。だから、自分ができることを考えればいいんです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック