2018年05月31日

放射能より怖い食品業界

放射能に汚染された食品には神経質になるのに、それ以上に危険性を持つであろう添加物まみれの食品を平気で食べ続けることに不安を抱かない人がほとんどです。

国や業界が国民の方を見ていないのは、原発をめぐる諸問題ではっきりと明らかになりました。国や行政、業界は、いざという時に、国民を守ってはくれません。

食品業界は「自分たちの利益」の追求ばかりに熱心で、食品を買って食べる「消費者の利益(健康)」には関心がありません。「食の安全・安心」などという掛け声は「口先だけ」です。

そして厚生労働省はそれを規制しないばかりか、食品業界の構造にどっぷりと浸りきり、消費者のほうを見ようとしないのが現状です。

放射能の恐怖は一瞬で世の中の流れを変えましたが、一方、食品添加物に含まれている危険性のある物質を長年にわたって継続的に摂取した場合、症状や健康被害との因果関係を特定するのは非常に困難です。

添加物も最近では国内産のものより安い中国産などの国内産のものよりさらにひどいものが大半になっているそうです。

手遅れになる前に、ぜひ事実を知って、自分の身を守りましょう。

実態を知り、正しく行動することができれば、危険をゼロにすることはできなくても、小さくすることができます。

食品添加物の知識をつけて子供や孫たちの世代の健康と安全を守っていきましょう。

2018年05月30日

どういう意味を与えたいか・・・それはあなた次第です

すべての状況、すべての事柄は、本当は中立です。中はからっぽです。

それがあたなの目にどんなふうに映るとしても、本来の意味とは関係ありません。

あなた自身が与えた意味が、「あなたにとっての意味」になります。

ネガティブな意味を与えれば、ネガティブな結果が出ます。

ポジティブな意味を与えれば、ポジティブな結果が出ます。

とても簡単なしくみです。

ですから、ある状況を見て、自動的に「この意味知ってる」なんて教えられたとおり安易に考えない(結論づけない)でください。

それにどういう意味を与えたいのかを自分自身で決断してください。

2018年05月29日

期待を捨てる

もしあなたが、毎日 「こうなってほしい」と思って過ごしているとしたら、あなたのエネルギーは、「期待」になってしまいます。

現実をつくるプロセスではあなたのエネルギーが投影されます。

ですから、その「期待」だらけのエネルギーが投影されることになり、あなたは「こうなってほしい」という思いをずっと抱き続けなければならないような反映を、現実として絶えず受け取り、体験することになります。

現実をつくるプロセスでは「期待」を捨てる必要があるのです。

「すでに、こうなっている」「既に、そうなっている」という心の状態、ワクワクする感覚、そんなエネルギーでいること、そんなエネルギーで在ることが大事です。

2018年05月28日

現実は、私たちを忠実に映し出している

鏡の中には、何か確かなものがあるわけではありません。

鏡は、常に私たちの姿を映し出しているに過ぎません。

現実も、これとまったく同じです。

「自分の外」に何かがあるのではありません。

すべて、「自分の中」にあります。

現実は、私たちが真実だと信じているものの産物です。

それ以上でも、それ以下でもありません。

私たちが「これが真実だ」と思っている、もっとも強い「考え」、「観念」、「感情」が外に映し出されているのです。

2018年05月27日

衝突や葛藤が起るのは「本当の自分」に抵抗しているから


もし、あなたの人生の中でしょっちゅう衝突や葛藤が起るとしたら、それは、本当の自分に抵抗している時だけです。

本当の自分になっていない時、本来の自分らしい姿になっていない時、衝突や葛藤が起ります。

相手を無理に従わせようとしたり、自分の思い通りにしようとするのもよくありません。

人の数ほど考え方、捉え方があり、人それぞれの世界があります。