2017年07月30日

まず叶えられたことに感謝を

朝、目がさめた時、感謝しましょう。眠っている間も守護されて、生きていたことを感謝しましょう。

こうして今朝も生きているという事は、生きているのではなくて、全く「生かされていた」ことに他ならないのです。

そして昨日も自分の思いが叶えられたように、今日もまた自分の思いが叶えられることになっていることを想い浮かべて感謝しましょう。

「だって、昨日だって私の思いは叶えられなかったのに」とあなたはおっしゃるのですか?

そんな考えがいけないのです。無論、叶えられなかった思いもあるでしょう。しかし、その願いは「叶えられる」ために近づきつつある途上にあるかもしれないのに、「叶えられない」という思いを起こして、その実現の力を中断してしまうには、誠にまずい事だと言わねばなりません。

また実際叶えられた事柄もたくさんあるのではありませんか?

顔を洗うのに水もあったし、食事もいただけたし、空気を吸いたいのに空気も与えられたし、衣服を着たいのに衣服も与えられたし、お茶を飲みたい時お茶も飲めたでしょう。

すべてこれらの事は、あなたの願いが叶えられて事柄であって、それに感謝しないで、叶えられない方面ばかりを心に留めてそれに不平を言ってはならないのです。

与えられたもの、願いが叶ったものに、「私の願いを既に叶えて下さいまして、ありがとうございます」と感謝していれば、次の願いも叶えられることになるのです。

この宇宙は意識を向けていることが再び現象化するようになっているのですから、決して悪い方に意識を向けていてはいけません