2017年07月11日

「足りない」 という思い込み

「足りない」ことをあなたが「悪い!」という発想で色づけしているから、あなたの解釈どおりに足りない状況を悪い現実にしているだけなのです。

「足りない」という発想や、足りない状況自体は本来「悪」でもなんでもないのです。

足りないことが不満であるのなら 「足りない」と信じている考えを選ばないでください。

「人生は不足と欠乏ばかりで、しかもそれは悪いことである」という恐怖感に動機づけられたプログラム(洗脳・思い込み)の存在に気づきましょう。

私たちは、多くも恵みをいただいています。

空気、日の光、自由に動ける手足。その他、電気、水道施設、雨露をしのげる家。

暖かな寝具などなど、今すでに与えられている多くの豊かさにいつもいつも感謝して生きていきましょう。

そうすると、「足りない」という思いも湧いてこなくなり穏やかに過ごせます。