2017年04月12日

美しい魂を穢(けが)してはなりません

ただただ自然体であれば、私たちは美しい存在です。

いつもいつも良心に従っていれば大丈夫です。

自身の心にある不安や恐れ、すべての邪気はその美しさを穢します。

心身をゆるめ美しくありましょう。

そうすれば、創造の波動によって、様々な新たな命を生み出す力が起こってくるでしょう。

美しい魂に宿る直感と想像の波動こそ私たちの加護となるでしょう。

花のように美しい己の魂をゆめゆめ穢してはなりません。