2015年12月31日

いいことは、生きているうちに

人は「いいこと」をしたくないわけではありません。ただ、「今日は楽をして、明日から」という心が起きてしまいますから、なかなか「いいこと」を実行できないのです。

けれども、人はいつ死ぬかわかりません。「いいこと」は生きているうち(思い立った時)にやっておくことです。

だから「今」いいことをして、悪いことはしない。悪いことをどうしてもしたいなら、「いつかそのうち」やればいいのです。

2015年12月30日

瞬間瞬間を大切に

自分の人生で一番幸福だったのはいつでしょうか。逆に、一番不幸だったのはいつでしょうか。

そう考えてみると、人それぞれ、いろんな答えが浮かんでくると思います。

けれども人生には、大切な時間も、取るに足らない時間も、どちらもありえません。成り立たないのです。

人生をひとつの時間の流れでみれば、一秒一秒、ずーっと歳をとり続けているのです。今の一秒と過去の一秒は同格、同じ価値です。

この生きている瞬間瞬間が大切なのです。どんな一秒も、無駄にできません。

2015年12月29日

「明日」はどうなるかわからない

幸福というものは、いまの瞬間に得るべきものです。

「明日、幸福になろう」とか「将来、幸福をつかもう」と言う人は、ずっと幸福になれません。

そういう生き方(考え方)は、「いまの瞬間は不幸でもいい。今日は苦しんでもいい」ということです。

「明日」とか「いつか」というものは、どうなるかわからないのです。

「今、ここ」で幸せでいましょう。何も変えないで、何もしなくても、幸せは見つけ出せます。
私たちは誰も多くの恵み・豊かさの中にいるのです。

2015年12月28日

諸行無常

この世の中で変化しないものはありません。無常こそが存在のありようなのです。

無常という真理を認める人は明るく穏かです。自分もすべてのものも、絶えず変化することを知る人は、心の安らぎを経験します。

怒ったり嫌な気分になったり、落ち込んだりするのは、無常に逆らっているからです。
無常に逆らって、変化しないようにと思う人は苦悩します。

すべてが変化するので、この瞬間は一回きりだとちゃんと認識している人は、安らぎを得られます。

2015年12月27日

大切なのは将来ではなく「今」です

新入社員の時は苦しい。また、中堅になればなったで責任があって苦しい。

出世しても、次の世代を育てるのは苦しい。退職したら、「今日は何をしようか」と退屈で苦しい。

老いて、体が思うように動かなくなれば苦しい。病気になれば苦しい。死ぬのは苦しい。

このように、生きること自体は、決して楽ではありません。苦しいのです。そう覚悟するしかありません。

だから大切なのは将来ではなく、「今」の行為に充実感と喜びを感じられるか否か、ということです。

未来を勝手に悪く想像して思い悩むことはやめましょう。「今」を楽しく明るく過ごせるように努めましょう。